上野精機のオフィシャルWEBサイト
上野精機のインスタグラム
電話でのお問い合わせ

自分が設計した通りに装置が動作した時の喜びは格別です。

半導体検査装置の機械設計が私の仕事です。主に二次元・三次元CADを使い、装置の外装から部品・技術・素材等の組み合わせを考えながら設計します。自分が設計した通りに装置が動作した時の喜びは格別です。

今はまだ装置の中のいちユニットを担当するのがメインなので、いずれは装置1台丸ごと任せてもらえるようになりたいです。そしてお客様とも打ち合わせをし、いろいろな技術提案ができる設計者になりたいですね。そのためにもっと経験を積み、設計者としての引き出しを増やしていきたいと思っています。

設計とは何か?その答えを見つけたい。

仕事は楽しいです。もともと機械設計がやりたくてこの会社に入ったので、とても充実しています。それと同時に、機械設計という仕事の難しさも日々痛感しています。

基礎は大学で学びましたが、設計者として知っておくべきことは山ほどあり、座学だけでは通用しません。新しい技術や素材は次から次へと出てくるので、絶えず学ぶことが求められます。最先端を知っておかなければ、すぐに置いていかれますから。

大学の授業で教授から「設計とは何か?」という問いかけがあり、その言葉は今も私の中で強く印象に残っているんです。

設計とは何か?お客様の要望を満たすのは当然として、その先にある「付加価値」を生み出すことが設計なのかもしれないと思うのですが、まだはっきりと答えは見つかっていません。これから自分なりの答えを見つけたいです。

信念を貫くことも設計者として大切なことだと思います。

最近は自分の設計にもっと自信を持ちたいと考えるようになりました。上司や製造現場から反対意見が出たとき、それを柔軟に取り入れることも大事なことですが、もし自分の設計が正しいと感じているなら、その信念を貫き通すことも設計者として大切なことだと思うんです。

まだまだ周りの意見に流されてしまいがちですが、例え周りと衝突しても自分の信念を貫こうとする先輩方の姿を見て刺激を受けますし、私もそうなりたいと思っています。

とても良い先輩方に恵まれています。

上野精機の技術者は皆、プロ意識も技術も非常に高いです。また技術本部長を筆頭にガムシャラに取り組む姿勢には凄みを感じます。そのような熱意ある環境で働けることは非常に有難いですし、良い先輩に恵まれているなあと感じます。

先輩方は仕事を離れると楽しくて面白い方が多いです。新入社員の頃はよく飲みに連れていってもらいました。仕事の延長とかではなく、純粋に楽しむ場として皆で飲みに行けるような関係です。困ったり悩んだ時もしっかりサポートしてもらえます。

入社2年目で単身中国へ出張することになった時は、先輩がたびたび電話をかけて励ましてくれました。あの時はたったひとりの初海外で不安だったから、とても心強かったですね。

自分が好きなことを仕事にしましょう。

「好きなことは仕事にしないほうがいい」という言葉を時々耳にすることがありますが、私はそうは思いません。好きなことを仕事にできたら、それが一番幸せじゃないですか。実際に私はこの会社で好きなことをやらせてもらっていて、毎日が充実しています。

学生の皆さんにも本気で取り組める「好きなこと」をぜひ見つけて頂き、その好きなことが上野精機で活かせそうだと感じたのなら、入社して後悔することはないと思います。

STAFF VOICE

UENOの未来をつくる人

  • 大企業で小さな歯車になるより、大きな歯車として活躍したい

  • 他社には真似のできない新しい検査技術を創り上げたい

  • 設計とは何か?その答えを見つけたいです

  • 今一番楽しいのは会社経営に関する数字を見ることです

  • 自身の強みである語学力を海外で存分に発揮できています

  • 業界未経験者にも、どんどんチャンスを与えてくれる会社です

  • 外観検査ユニットの設計開発エンジニアです

  • 自分が設計した装置が社内でカタチになっていく喜びがあります

募集概要 & エントリー